緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

食べ物

万能食材ほうれん草は和風にも洋風にも

投稿日:2017年5月23日 更新日:

ほうれん草は高栄養価の緑黄色野菜として
私達の食卓には欠かせない食材と言えるでしょう。

ほうれん草には血栓予防や血流改善効果がある
ピラジンと呼ばれる香り成分が含まれています。
さらに葉緑素(クロロフィル)も含まれているので
悪玉コレステロールの低下や善玉コレステロールの増加にも役立ちます。
血流が良くなることで冷えや低血圧が改善していきます。
さらにほうれん草にはビタミンE、ビタミンCなどの
抗酸化作用を持つビタミン類も豊富に含まれているので
血液循環を整えるのに効果的です。

ここでは代表的なほうれん草のおすすめメニューをご紹介しましょう。
今回ご紹介するのはメインのおかずにもなり
おもてなしにもぴったりな「ほうれん草のキッシュ」です。

 

ほうれん草のキッシュ

材料(4人分)

・ほうれん草1/2束

・ベーコン 3枚

★卵2個

★牛乳100ml

★マヨネーズ大1

★ピザ用チーズ70g

★塩コショウ少々

1.  ほうれん草は10分水にさらして、600Wのレンジで2分加熱して、冷水にさらして水気を絞ります。食べやすい大きさにカットしておきます。
お湯でゆでるよりもこの方法で下茹でした方が、栄養分が流れ出にくく、栄養価を保つことができます。(約12分)
《ほうれん草は水にさらすことでアクが抜けやすくなります。》

2.  オーブンを180度で余熱しておきます。ベーコンは1センチ程度の大きさにカットしておきます。(約2分)

3.★マークの材料を混ぜ合わせたものに、ほうれん草とベーコンを加えていきます。(約5分)

4.耐熱皿に3で作ったものを入れて、180度のオーブンで20分間焼けばでき上げりです。(約20分)

(調理時間約40分)

このレシピは炒める手間がないので洗い物も少なく非常に簡単です。
このほかプチトマトやキノコ類などを入れてもおいしいですし
冷凍パイ生地を敷いて焼いてもおいしいです。
持ち寄りのおかずにもなりますし、華やかなパーティーメニューにも
おすすめですね。冷めてもおいしいキッシュは人気があります。

-食べ物

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.