緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

緑内障あれこれ

緑内障の履患の年齢と初診時の知識

投稿日:2017年8月14日 更新日:

近年、緑内障の罹患率は上がってきています。
緑内障と初めて診断された時の平均年齢は51.6歳。年代別では50代が最も多く、次に40代となり全体の62.4%が40代・50代を占めています。

緑内障と診断されたときの状況について聞いたところ、以下のように
『視野が少し欠けていた』と答えた患者さんが46.2%にのぼり
症状がかなり進んでから受診するケースが多いことを示しています。

 

日本緑内障学会の資料による

-緑内障あれこれ

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2017 AllRights Reserved.