緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

食べ物

アントシアニンが効果的

投稿日:2016年11月28日 更新日:

緑内障に効果が高いアントシアニン

世間では良くアントシアニンが良いと言われていますがなぜなのでしょうか。
まずは緑内障の原因からひも解いていきます。
緑内障は眼圧(目の中の圧力。目を球状に保つため
目の中の血液の流れをスムーズに保つための圧力のこと)が
高くなることで視神経に異常が起きる病気です。
なぜ、なる人とならない人が居るのかについては
現在まだ詳しくわかっていません。

アントシアニンには血液が固まると言う状況を防いで血液の循環をサラサラにする働きがあります。
アントシアニンがたくさん含まれている食品で代表的なのはブルーベリー。
ブルーベリーが目に良い食品だと言う事は古くから知られています。
アントシアニンの効用は広く認知され、科学的に見ても非常に理にかなっていることです。

また、毛細血管を強くする働きもあります。
点眼薬やその他の薬を使って眼圧を下げる
と同時に内側からブルーベリーその物や
ブルーベリーのサプリメントを摂取することによって(インナーサプリ)
網膜の血液循環を増やすように努力しましょう。

栄養価豊富なアサイー

南米アマゾン原産スーパーフルーツと言われるアサイー。
一般的にアントシアニンと言えばブルーベリーが良く知られていますが
アサイーは何とブルーベリーの5倍ものアントシアニンが含まれています。
ビルベリー・ブラックベリー・クランベリーなど
ベリー系の果実にアントシアニンを含むものが多いのですが
その中でもアサイーはこれらのどのベリーよりもアントシアニンが多く含まれています。

高い抗酸化力で緑内障予防を!

アントシアニンが持つ抗酸化力は酸化ストレスから
網膜を守る働きがあり、実証されており緑内障の予防になると言われています。
実験ではアントシアニンを加えた網膜の細胞は
酸化ストレスに対して約90%の保護効果があるという実験結果も報告されています。

このように、アントシアニンを多く含むブルーベリーや
アサイーなどを多く含むサプリメントは大きな効果が期待できるわけです。

アントシアニンが再合成のお手伝い

アントシアニンはロドプシンと言う網膜にある
タンパク質の再合成を促す働きがあります。

ロドプシンは物は明るく見えるために必要な物質。
年齢と伴に再合成されるスピードが遅くなったり量が減ったりしますので、
視界が自然と暗くなったり疲れ目を感じたりします。
アントシアニンはこのロドプシン再生の手助けをしているのです。

24時間で消化します

アントシアニンはいったん身体に吸収されると
24時間以内に尿とともに身体の外に排出されます。
そのため、毎日欠かさず摂取することが大事なのです。

-食べ物

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.