緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

食べ物

クリーム系と相性バツグンのほうれん草グラタン

投稿日:2017年6月14日 更新日:

スマートフォンやパソコンの普及によって日常的にスマホやパソコン画面を

見続けるという方も多いでしょう。

この液晶画面からはブルーライトと呼ばれる光が発生しており

このブルーライトは目に大きなダメージを与えてしまいます。

このブルーライトが目に吸収されて網膜に当たると活性酸素が大量に発生するため

目の酸化、老化が進みます。現代人で白内障、黄班変性症が増加したのは

ブルーライトが原因とも言われています。目の老化は緑内障にも関係してくるため

このブルーライトから目を守ることが、いつまでも健康に目を守る秘訣と言えるでしょう。

ブルーライトの光から目を守ってくれる成分として有名なのがルテインです。

ルテインは、ブルーライトや紫外線など目に悪影響を及ぼす光を吸収することで

それらの光から目を守ろうことができます。

このルテインは色素成分であり、ほうれん草などの緑黄色野菜に豊富に含まれているため

食事からの摂取が望ましいです。

 

ほうれん草であれば無理なく毎日摂取できますし

ルテインの1日摂取目安量は10㎎になりますので、ほうれん草を100g食べれば

1日のルテインを簡単に摂取できます。ここではルテインを多く含むほうれん草レシピを

ご紹介しましょう。

 

ほうれん草のマカロニグラタン

ほうれん草を使ったクリーム系レシピはたくさんありますが

その中でも王道のレシピと言えばマカロニグラタンでしょう。

今回はほうれん草を具材としたマカロニグラタンをご紹介しましょう。

 

材料(2人分)

・ほうれん草 1束

・ベーコン 2枚

・牛乳 300㏄

・小麦粉 大2

・バター 15g

・コンソメ(キューブのもの) 1個

・塩コショウ 少々

・マカロニ 100g程度

・チーズ 適量

 

1、      ほうれん草は食べやすい大きさに、ベーコンは2センチ幅で切っておきます。

2、      マカロニは茹ででおきます。大きめのマカロニを使用すると存在感があります。

3、    牛乳に小麦粉を入れてよく混ぜておきます。この時にだまにならないように注意しましょう。

4、      熱したフライパンにバターを溶かしてベーコンを入れて炒めます。さらにほうれん草を加えてしんなりするまで炒めておきます。

5、      小麦粉に牛乳を混ぜたものをフライパンに入れて、コンソメ、塩コショウを加えて弱火で混ぜながら加熱していきます。

6、      とろみが出てきたら、水気を切ったマカロニを加えてよく絡ませます。

7、      耐熱皿にグラタンを入れて、とろけるチーズをかけてオーブンやトースターで焼き色を付ければ完成です。

-食べ物

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.