緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

緑内障あれこれ

本当にまつ毛が伸びる美容液は失明する薬なの?

投稿日:2017年5月30日 更新日:

女の子たちは「まつ毛が伸びる美容液」といえばすぐにも飛びつきたい思いになってしまうのかもしれませんが、まつ毛美容液で「失明」してしまうかもということが警告されているのです。若い人たちはそっちの方にも耳を傾けるべきではないでしょうか。

マスカラを付けてもボリュームがでないとか、ビューラーの使いすぎでまつげが抜けてきたと言った悩みを解決してくれるものがまつ毛美容液です。

まつ毛美容液って何?

まつ毛が伸びることを期待している人たちが利用するものがまつ毛美容液です。でもインターネットでまつ毛美容液と検索をすれば、同時に「失明」というキーワードも飛び込んでくるようになって来たなと感じることはありませんか? それは知らなかったでは済まされない問題なのです。

基本まつ毛美容液というものは化粧品として扱われているものには危険な成分が入ってないと考えてもいいでしょう。更に眼科などの医療機関で処方されるタイプがあり、このようなものは資格のある医師だけが扱うことが出来る薬であり緑内障・高眼圧症が治るように作られた目薬「ルミガン」などを使用してビマトプロストという成分によってまつ毛が伸びるということが判り、「グラッシュビスタ」というまつ毛貧毛症治療薬が出来たという経緯があります。

医師が管理して処方している薬だから安心ということではなく、まつ毛が伸びるのに効果が期待出来たとしてもより深く副作用の問題とも関わる必要があり、副作用は必然的に失明のリスクも持つことになります。

まつ毛美容液で本当に失明してしまうの?

結論をいえば可能性はあるから警告はするものの実際にまつ毛美容液を使用して失明にいたった人たちはいないということです。万が一失明してまったらこのような商品は世の中から姿を消すはずです。

でも確率としては存在しているので、万が一使用すればそのようなことになってしまうかもということは頭に入れておくべきかもしれません。

つまりまつ毛伸びる薬はメリットとデメリットが表裏一体なのです。

まつ毛が伸びる薬のデメリット

実際には失明だけでなく目が痛くなって炎症や充血がおこる場合もあります。 中には色素沈着で目の周りが赤くなったり、かぶれてしまったりという人たちもまつ毛美容液を使用している人たちの中にはいるようですね。

そしてまつ毛美容液を使用する人たちは妊娠中は使わないことや、体調が優れない時も使用しない、パッチテストをするなどのルールを徹底して守る必要があります。

-緑内障あれこれ

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.