緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

未分類

まつげ美容液として 緑内障治療薬ケアプロストを実際に使用してみた

投稿日:2017年5月18日 更新日:

緑内障の目薬でまつげが伸びるというのは若い女の子たちにもはや一般常識のようです。

緑内障の治療で目薬を使用しますが、治療薬の副作用がまつげが劇的に伸びることなのです。

ルミガンやケアプロストを実際に試してみた

ルミガン、ケアプロストが緑内障治療のために効果的な目薬です。本来医師の処方箋なしに購入することが出来ないものなのですが、個人輸入なら手に入れることが出来てしまうのです。

まつげにいい効果を期待したいというものの使用する人たちはこれが緑内障の薬であることはしっかり自覚しなければなりません。

実際に個人輸入で購入すれば価格は2500円あたりという感じではないでしょうか。

まつ毛美容液として売ってるラティースという商品がありますが、注意しなければならないのはルミガンと同成分というのに価格が10000円程度してしまうことです。価格のことを気にするのなら断然ルミガンを購入することの方がお得感はあります。

ケアプロストはルミガンより更に安く1700円あたりで購入出来るようですが、実際にそれでも決して値段は安くないというのが率直な感想ではないでしょうか。でも若い女の子たちは、期待に満ち満ちてそのような商品を個人輸入してしまうのではないでしょうか。

その使い方で大丈夫?

それは緑内障の薬なのでまつげ美容液として使用をすれば不自然さを感じるかもしれません。

綿棒を使用すれば綿棒が液を吸い込んでしまってちょっともったいない感じがあります。 そこで100円均一のアイシャドウのチップなど購入して使用することをおすすめします。

ラティースを購入した場合では塗る用の筆が一か月分付いて来たりして、それが原因で価格が上昇してしまったのかとも思います。

1ヶ月経過して……

そろそろ1ヶ月が経過しようとしています。ケアプロストをほぼ1ヶ月塗り続けて結果まつげは確実に伸びた感じがあります。

しかしちょっと薄いという感じなので、これからも使用し続ける必要がありそうですね。ほとんどの女の子がもっと濃く太いというのが希望でしょう。でもマスカラを塗ったら少ない量でかなり良い感じになりそうです。

たくさん使用し過ぎると……

しかしやはり緑内障の治療薬ということを忘れてはならないですし、副作用は必ずあると思わなければならないです。実際に試して経験をした訳ですが、 目の下が色素沈着してクマのように黒くなってしまったのです……。

たくさん塗りすぎてそのようなことになってしまったのかもしれませんが。

-未分類

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.