緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

目薬・治療 緑内障あれこれ

白内障と緑内障が併発 治療法について考える

投稿日:2017年5月26日 更新日:

治療法に向きあうときあなたの抱えている病気が緑内障なのか正しく把握出来ているでしょうか?

あなたが緑内障と認識して治療法に向かうものの、それはひょっとしたら白内障かもしれないですよね。

白内障と緑内障の症状の違い

また、別の記事で詳しく書きますが、白内障と緑内障は似ているといえば似ているのですが、違うといえば全然違う病気です。

白内障

白内障で起こる症状は視界がぼやけたり、視力が低下することなどです。

白内障の原因はそもそも水晶体の濁りであるために光の情報をしっかり読みとることが出来なくなります。

一方で緑内障の症状はどのようなものなのでしょうか?

緑内障

見え方に問題が起こるというのは同じであるものの、緑内障のケースでは部分的な見え方に問題が生じて来たりすることになります。

緑内障の場合一部分が欠けるというのが大きな症状としてあらわれて来ます。

なぜなら緑内障は視神経がもたらす病気であるからです。

大まかには白内障と緑内障の違いは視界がぼやけて見えるものと視界が狭くなるという違いで区別してみてはいかがでしょうか。

緑内障と白内障が併発するケースも多い

私達が更に注意をしなければならないことは、白内障と緑内障を併発してしまっているケースも少なくはないことです。

もちろんそれぞれ個別で相当苦労しなければならない病気なのですが、併発ほどつらい体験はありません。

白内障を放置してしまうことで緑内障の原因を生み出してしまい、緑内障を併発してしまう可能性があると言われています。

ただし緑内障の人たちが緑内障を放置して白内障の原因を作るケースはないとも言われています。

しかし白内障の主要な原因は加齢ですので、緑内障の人たちがいずれ白内障を併発してしまうことも可能性として充分考えることが出来ます。

白内障と緑内障を併発してしまうことで視力にはより大きな弊害をもたらすことになります。

治療法について考える

白内障と緑内障を併発している時に治療法として同時に手術を行うことは可能です。

医師が同時に手術をしましょうとすすめるケースも多いようですね。

その理由として緑内障を手術をした後に白内障が進行してしまう可能性があるためです。

白内障が発症しているのなら白内障も前もって治療法を模索していかなければ病気の進行のリスクを高めてしまうだけです。

そして医師は白内障手術という治療法が緑内障の改善にも役立つと考えているからのようです。

白内障手術をすることでも眼圧を下げることが可能なのです。

なぜなら手術によって目の中の房水の循環が良くなることを期待出来るからのようです。

-目薬・治療, 緑内障あれこれ

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.