緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

目薬・治療

ドラッグストアで購入出来る目薬の種類 緑内障の場合注意しなければならない

投稿日:2017年6月19日 更新日:

最近ではドラッグストアにはいろいろ目薬があり、案外気楽な気分で目薬を購入している人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ドライアイの人たちも多く見かけるようになりました。ドライアイはほとんど現代病と言ってもいいのかもしれません。現代社会では目薬を手放すことが出来ないという人たちが大勢います。ドライアイの症状にドラッグストアの目薬は、目に潤いをもたらしてくれるでしょう。

 

しかし緑内障の人たちは目薬の種類に注意をしなければならないと言います。

 

緑内障の人たちが注意しなければならない目薬の種類

 

ズバリ緑内障の人たちが注意をしなければならないのは、「血管収縮剤入り」の目薬です。最近では多く充血に効果的という目薬が販売されていますが、それらは「血管収縮剤入り」と考えてください。

 

血管収縮剤入り目薬は血管をギュッと収縮させてしまう効果があると言います。実際にその名前が示している通りなのですが。しかし血管が収縮してしまうことで、なかなか血管にスムーズに血が通らなくなってしまいますよね。一見、充血はしずまったかのように見える訳ですが、かなりそこには強い刺激があると考えて良いでしょう。

 

刺激が強いということは緑内障の原因である目の眼圧も上げてしまうということを推測することが出来ます。

 

血管収縮剤入りの目薬はあまりおすすめ出来ない?

 

実際に血管収縮剤入りの目薬の種類は、緑内障でない人たちにもあまりおすすめ出来ない目薬と言われています。なぜなら、酸素が欲しいと目が思っているから充血しているのです。そのような時にそのような目薬の種類によって、血液の供給を無理に止めてしまっては一体どのようなことになってしまうのでしょうか。目はこの時かなり大きなダメージを受けているはずです。そのような目薬の種類を使用することで結局リバウンドも起こり、更に以前よりもひどい充血が起こってしまうことも充分推測することが出来ます。

 

実際にどうしても充血を解消する目薬が必要な時ってあるのかもしれません。大事な人と会うとき目が充血しているようではいい印象を与えずビジネスにも影響を与えてしまうかもしれません。そのような時は特別に使用を許すもののそれ以外では出来る限り使用はしない方がいいです。

 

みなさんがしっかり眼科と向きあうことが出来れば、眼科では血管収縮剤など処方することはありません。目薬の種類によっては、緑内障の人は使用前に医師又は薬剤師に相談することと書かれています。安易にドラッグストアの種類に期待するのもかなりリスクがありそうですね。

-目薬・治療

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.