緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

目薬・治療

一番ベストな緑内障治療法とは

投稿日:2017年5月23日 更新日:

緑内障になれば一番ベストな方法がしっかり眼科(医師)と向きあうことです。

緑内障治療で一般的方法は点眼薬治療です。キサラタンやレスキュラなどいろいろなものが眼圧を下げるために使用されます。

緑内障治療のために点眼薬は長期使用することになります。

点眼薬治療をするものの独自の判断でやめてしまうケースがとても多いと言われていますので、そのあたりのこともかなり注意をする必要があります。

点眼薬治療でも緑内障が進行してしまうケースがあるかも

このような感じで眼圧が高いからなる緑内障に対しての治療には眼圧を下げるために点眼薬治療が行われますが、それは緑内障の症状の進行を遅らせるためのものと考えてください。

更に点眼薬治療法でいい効果が期待出来ない場合、レーザー療法や繊維柱帯の切除手術という治療法の選択肢があります。

兎に角大事な目のことなのですから信頼できる医師としっかり治療法を見つめていく必要があります。

レーザー治療が注目されている

手術という方法では白内障の発症や視力が低下などのリスクも抱えており、更に手術をしても緑内障が再発してしまうリスクも抱えています。

手術の中でも特に注目されている方法がレーザー治療なのですが、メスを使用しない安心感がレーザーにはあるものの、レーザーをあてることによって目へかかる負担についても考える必要があります。

レーザー治療でも緑内障は再発してしまう可能性はあります。

緑内障の治療法として手術を選択するものの手術にはメリットもデメリットも存在しているようですね。

一番安心出来る緑内障治療法とは……

緑内障は治療と向きあうものの一生緑内障とつきあっていかなければならないという認識は多くの人たちにつきまとっているのではないでしょうか。

更に緑内障は失明のリスクも相当に抱えている病気なのです。

西洋医学と向きあえば点眼薬、内服薬、点滴、レーザ治療、手術などが主な治療法となります。

そのとき意識しなければならないのは適した眼圧に戻すことであり、単に眼圧を下げるという姿勢には問題はありそうです。

下がりすぎると合併症を引き起こすリスクがありますし、 眼圧が上がった原因をまずは取り除く努力をしなければまた問題は浮上して来てしまうことになります。

その治療法の答えは西洋医学にではなく【東洋医学(均整術)】に見付けることが出来るかもしれません。

東洋医学(均整術)では薬や手術に頼らずに改善できる治療法を見付けることが出来ます。

東洋医学では一見緑内障の原因とは関係がないと思われている三角筋や、足の下腿外側などの筋肉のこわばり、関連部分の身体の歪みなどと向きあっていきます。

「三起均整」を利用して適した眼圧を保つことによって自然と緑内障など目の疾患を解消して行くことが出来ます。

-目薬・治療

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.