緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

目薬・治療

緑内障治療薬をまつげ美容液として使用する

投稿日:2017年5月22日 更新日:

緑内障の治療薬には思わぬメリットが期待出来、使用すればまつげが伸びると言われています。

まつげがフサフサに、しかしそれは緑内障の治療薬……。

このギャップをみなさんはどのように受け止めているのでしょうか。

女性の人たちはそれでも綺麗になりたいと思っている

女性の人たちは兎に角どのような手段であっても綺麗のなりたいと思っている人たちが多いようなのです。化粧品やファッション、エステサロンにも関心を持ち、そしてこの緑内障治療薬にまで大きな注目を持っています。

長くフサフサなまつげに女性たちは憧れているものです。マスカラや付けまつ毛、まつ毛エクステだけではなかなか満足出来ない女性も多いようですね。

まつげが伸びる緑内障治療薬とは……

まつげが伸びる美容液には自分のまつげを育てていくという大きなメリットがあります。緑内障の治療薬を使用した場合女性たちはその時起こりうる副作用について理解をしているのでしょうか。

そもそも緑内障治療薬を使用して副作用としてまつげが伸びるという言い方が正しいのです。

緑内障の治療薬なのにそのようなまつげ美容液として使用されている代表的なものは、【ルミガン】・【ケアプロスト】・【ラティース】です。

ただしこのような商品は実際にまつげ美容液として効果的であり、まつげの成長周期を長くする効果を期待出来、結果的にまつげが抜けにくくなるメカニズムです。体毛には毛周期というものがあって抜けては生えるということを本来繰り返す訳ですが、その周期を遅くする効果がここに期待出来るということです。

緑内障の治療薬ということを忘れてはならない

しかし効果的だとしてもこれは緑内障の治療薬だということを決して忘れてはならないです。

それは緑内障の治療を目的として作られたものであり、まつげ美容液ではないからです。

万が一個人的にどのような副作用が起こるかも判らないですし、副作用が起こったとしてもそれは全部自己責任ということになります。

実際に緑内障の治療薬をまつげ美容液として使用した場合報告されている副作用として色素沈着や目の充血、目のかゆみ、眼圧低下などがあります。

実際に緑内障の治療薬をまつげ美容液として使用した人たちも、まつげの効果は期待出来たけど副作用が起こったから恐くなってやめたという人たちが多くおり、今後もっとこのような傾向は増加していくでしょう。

ルミガンを当たり前にまつげ美容液としてクリニックで処方するケースもあるようですね。ドクターの指示のもと使用するのならまだ救われる問題なのかもしれませんが。

-目薬・治療

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.