緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

目薬・治療

緑内障治療薬 個人輸入で大丈夫?

投稿日:

最近ではインターネットを通じて「個人輸入」という方法を選択している人たちも多くいます。

緑内障の薬はなかなかドラッグストアでは購入出来ないようですが、果たしてインターネットの個人輸入からは購入出来るものでしょうか。

緑内障治療薬ルミガンを個人輸入から購入

緑内障の治療薬として「ルミガン」があります。 まつげ美容液として名前を知っているという人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。果たしてルミガンは緑内障治療の点眼薬なのか、美容液なのかかなり迷っている人たちも多いようです。

回答をいえば「治療薬」であり、「美容液」でもあるものがルミガンなのです。やっぱりなかなか判りづらい……。

ということは……、緑内障治療の副作用がまつげを伸ばすことなら、まつげ美容液として使用すれば副作用は緑内障治療をしてしまうことですね。

ただしルミガンを購入しようと思うものの、日本では処方箋以外で買うことが出来ません。

そのときには国内にいても個人で使用する目的であれば日本の法律において海外からの個人輸入が認可されています。

個人輸入を代わりにやってくれる「輸入代行業者」も最近ではネット上で簡単に見付けることが出来ます。

ただし注意をしなければならないのは海外で市販されているルミガンということから、取扱説明書など現地の言葉で記載されて日本人の方々にはとても判りづらい表示であることです。

個人輸入となればお金の支払いも不安に思うことがあるでしょうし、注文が無事できたと安心していても間違えて指定住所以外のところに送られたということがあるようです。

本当に安易に個人輸入で購入して大丈夫?

実際に多くの人たちが個人輸入で緑内障治療の薬など購入しているかもしれません。

しかし本当に安易に個人輸入という方法でも大丈夫なのでしょうか?

緑内障の中には眼圧が関係ない緑内障もあります。果たして正しい判断で緑内障の治療薬を使用出来ているかということも懸念しなければなりません。

ルミガンだけでなく、トラバタンズ点眼液なども個人輸入で購入することが出来ます。

トラバタンズ点眼液は緑内障、高眼圧症の治療に用いられる目薬です。 有効成分は、プロスタグランジンF2α誘導体のトラボプロストです。

プロスタグランジンFP受容体に選択的に作用し、ブドウ膜強膜流出路からの房水流出量を増加させます。

今回書いた通り、個人輸入の緑内障治療薬を使うという選択肢もあります。

ただし緑内障の目薬は個人輸入が可能だとしても、まずは医師と向きあい診察を受けるということが一番大事なのは言うまでもありません。

-目薬・治療

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.