緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

目薬・治療

緑内障に効果的な点眼薬はドラッグストアで購入出来る?

投稿日:

緑内障では点眼薬で治療されるケースが多くあります。 目薬ならドラッグストアでもほとんどのケースで購入することが出来ますが、緑内障の点眼薬はドラッグストアではなかなか見付けることが出来ません。

ドラッグストアで緑内障の点眼薬を見付けることが出来ない理由

緑内障とは既にご存じでしょうけど視神経に障害が起きて視野が狭くなり、治療が遅れれば失明に至ることもある怖い病気なのです。そんな時手っ取り早い方法としてドラッグストアにも目を向けるはずです。

兎に角ドラッグストアでは緑内障の点眼薬は購入することが出来ないので、しっかりと医師と向きあうことが大事な病気だということをまず誰もが心得る必要があります。

ただし正確に言えば緑内障でも対応出来る点眼薬はドラッグストアでも購入することが出来るケースもあり、ドラッグストアの点眼薬を使用してはいけない緑内障は「閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)(急性の発作が起きると眼圧が高くなる)」のタイプです。

しかし多くの人たちが自分の緑内障のことを、「閉塞隅角緑内障」かどうか判断は出来ないのではないでしょうか。

ドラッグストアで購入する点眼薬のタイプは、急性の発作を起こしかねない可能性のある成分が入っていることで病状を悪化させてしまい失明に至るリスクを抱えてしまうことになります。

ドラッグストアで購入することが出来る点眼薬には、「緑内障禁忌」という注意書きもありますので確認をしてみましょう。

抗コリン作用を持つ成分に注意しなければならない

特にみなさん(閉塞隅角の人たち)が注意しなければならないのは抗コリン作用を持つ成分です。

抗コリン薬や抗ヒスタミン薬、ペンゾジアゼピン系の薬剤や抗不整脈薬などに注意をするようにしてください。

開放隅角緑内障の点眼薬はドラッグストアで購入出来る?

開放隅角緑内障とは眼球内での房水の流れが悪いために眼圧が上昇してしまうタイプの緑内障のことです。慢性的に視神経が圧迫されて徐々に進行するのが特徴であり、慢性緑内障の典型的な病型といえます。

開放隅角緑内障の場合では市販の目薬でもものによっては使えると言われています。

眼圧が高くないにもかかわらず緑内障になることがあります。正常眼圧緑内障とはそのような症状のことを言います。正常眼圧緑内障も開放隅角緑内障に分類されるため市販の目薬が使用できるものがあります。

ただし、眼圧を下げるために使用される目薬にはトラボプロストなどの成分が入っていたりしますがドラッグストアで購入出来る市販の点眼薬にはそのようなものはありません。 ドラッグストアで購入出来るものがあったとしてもドライアイ改善などの効果を期待出来る程度と考えてください。やっぱり緑内障は医師と向きあうことが必要とされています。

-目薬・治療

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.