緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

緑内障あれこれ

眼圧を下げる方法 飲酒が効果的?

投稿日:2017年6月21日 更新日:

緑内障は眼圧があがって起こる病気でありイコール目薬治療を行うものという認識は既に多くの方々がお持ちではないでしょうか。

しかしそれ以外に私達が日常生活において出来ることって何かないのでしょうか……。

 

緑内障は我が家でも予防することが出来る? ウォーキングやランニングはどうか

 

緑内障は放置しておけば失明してしまうリスクを背負っている病気です。ですから自宅で解決しようというモチベーションではなく、医師としっかり向きあう意識が大事です。そのことを前提にして敢えて自宅で出来ることについてお話ししましょう。

 

運動も眼圧を下げるために効果的方法と言われています。ただしそれは適度な運動のことです。

 

ウォーキングやランニングなどの有酸素運動では眼圧を下げる効果があると言われています。 ただしハードの運動はおすすめ出来ません。あと普段あまり運動していないような人たちがいきなり激しい運動をすることで身体がストレスを感じ、このストレスが緑内障に大敵となってしまうリスクがあります。

 

緑内障の眼圧を下げる方法のためには毎日数分のウォーキングやランニングをする意識を持つことからスタートしてみませんか?身体に負担かけることが目的ではなくて、身体をリフレッシュさせるつもりで行うようにしてみましょう。

 

更にウォーキングやランニングによって全身の血行不良を改善することが出来ます。血行不良が眼精疲労の要因となってしまっているのかもしれません。 眼精疲労によって視神経がダメージを受けて緑内障が進行してしまわないように注意をしなければなりません。

 

実際にはウォーキングやランニングによって眼圧が約5mmHg下がったという報告もあります。

 

眼圧を下げる方法 脱水状態でも?

 

目の中はほとんど水でできているので身体の中の水分を減らすことが出来れば、眼圧は下がると考えることが出来ます。ウォーキングやランニングが眼圧を下げる方法だとお話ししたのは、ひょっとしたらここには脱水状態ということがある程度関係しているのかもしれないですよね。

 

あまり全面的にはおすすめ出来る方法ではないのかもしれませんが、脱水プラスして、飲酒なども脱水作用をもたらすものゆえ、眼圧を下げる効果が期待出来たりします。緑内障に対して以前効果的な治療法を見付けることが出来なかった時代では、スコッチを飲ませて対応したことがあっようです。ただ効果も一時的なものなので、それ程飲酒に眼圧を下げる方法を期待するのも禁物です。

-緑内障あれこれ

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.