緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

緑内障あれこれ

白内障の手術あと眼圧上昇の症状が……

投稿日:2017年6月12日 更新日:

白内障の手術を受けることによってクリアに視界を取りもどすことが出来ます。しかし白内障の手術によって炎症や出血などの症状が起こるケースもあると言います。更に眼圧が上昇する症状もあると言います。

 

白内障も眼圧が上昇する症状とは決して無関係ではないと言えるのではないでしょうか。

 

白内障の手術の後眼圧が上昇する症状がある

 

そもそも「眼圧」となんなのでしょうか。眼球はその名の通り丸い球体の形を本来しているものです。 目に映像を映し出すために、外からの光を瞳孔、水晶体を通って網膜で映像をつなげるという作業を日々目の中でするために眼球には張りが必要になって来ます。眼球の張りは、眼圧によって維持されていると考えて良いでしょう。眼圧を一定圧力に維持し続けているのは 毛様体であり、毛様体から送られる液体を「房水」と言います。送り出す量と排出される液体の量を調節しなければ眼圧を一定に保つことが出来ません。

 

房水が貯まり眼圧上昇の症状が起こる

 

雨などが降って排水溝が詰まることで水がたまってしまうような現象なら当たり前に私達は想像することが出来ますが、目でもそのような症状がおき、眼圧が上昇してしまうのです。毛様体から液体が送り出されるものの排出の部分が詰まってしまい、 液体が貯まってしまうから眼圧上昇の症状が起こってしまうことになります。

 

白内障の手術の場合、眼圧が上昇する症状は、目の炎症が落ち着けば段々と一緒に落ち着いて来るでしょう。白内障の手術で、一度は眼圧が上昇するもののある程度期間が経過すれば再び通常の眼圧に戻ると予測することが出来ます。

 

まるで車や船に乗って酔っているよう?

 

白内障の手術のあと、眼圧上昇の症状によって視界が見づらくなったり、物の見え方がおかしくなることがあります。

 

そして頭痛や吐き気、充血という症状も起こることがあります。

 

まるでそれは車や船に乗って酔っているような状態に近いものであるかもしれません。つらいかもしれませんが、それはやがてしずまるものとも考えることが出来ます。

 

ただし、なかなか眼圧上昇の症状がおさまってくれない場合もあり、そのときひょっとしたら「急性緑内障」になってしまっている可能性も考えることが出来ます。

 

白内障の手術のあと、緑内障が発生してしまうこともあります。「急性緑内障」によって充血や、視野の一部分が見えないという症状が起こります。

 

ですから白内障の手術のあと眼圧がなかなか下がらないというとき、そのまま放置はせずすみやかに検査を行うことを心掛けるようにしたいものです。白内障の人たちも緑内障について、緑内障の人たちも白内障についてある程度知識を持つことは大事なことです。

-緑内障あれこれ

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.