緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

目薬・治療

目薬以外で眼圧を下げる方法

投稿日:

眼圧を下げる方法は眼科に行くだけではないのかもしれません。今しっかりと日常生活においてこのような方法とも向きあってみましょう。

 

何よりも実行し続けることに意味があるのではないでしょうか。これは実際に眼圧を下げる方法として効果的だとしても、なかなか毎日続けるのは大変なことです。

でもおそらくみなさんは眼圧を下げたい気持ちは大いに持っていることでしょう。まずは自分に一番合ったものを見付けていただき、無理のない範囲で試すことからスタートしてみましょう。

 

頑張り過ぎてストレスを溜めてしまうことも緑内障には良くないことです。

 

深呼吸する癖をつける

 

眼圧を下げる方法の基本は目薬です。しかし目薬よりももっと簡単に出来る方法はあり、それが「深呼吸」なのです。

 

交感神経が興奮すると眼圧が上がってしまうことになります。だから深呼吸によって神経を鎮めることが出来、眼圧を下げる方法としてかなり期待することが出来ます。自律神経のバランスを整えてくれて血液を通じて全身に酸素を補給することが出来、ホルモン分泌を正常化してくれて「自然治癒力」をアップしてくれます。なにげない深呼吸にはこんなメリットが存在していたのですね。

 

笑顔を心がける

 

眼圧を下げる方法として更に「よく笑う」ことがあります。眼圧はイライラしたり、興奮したりしてストレスを感じるだけでもアップしてしまうものなのです。

 

つまりストレスを上手く解消する方法として「よく笑う」という方法があります。実際に笑いがココロとカラダにいい影響を与えてくれることは医学的にも解明出来ていることなのです。笑いにはガン細胞と戦うNK細胞を活性化させ、免疫力を上げることまで期待出来たりします。

 

睡眠の質を高める

 

私達の病を解消してくれる方法のひとつに睡眠があります。目が疲れたとき短時間でも目を閉じて休ませると楽になる体験は既に多くの人たちがしているのではないでしょうか。

 

睡眠は眼圧を下げる方法としてより大きな効果が期待出来そうな予感はあります。「良い睡眠」を取ることで「メラトニン」をはじめとし成長ホルモンなどが分泌されて目の細胞を修復させることが出来るということです。

 

「良い睡眠」とはズバリ「午後10時~午前3時」のことです。午後10時~午前3時に成長ホルモンがもっとも多く分泌されると言います。そのような時間にスマートフォンなどに熱中していれば、なかなか眼圧を下げることは出来ないかもしれません。

-目薬・治療

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.