緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

食べ物

和風ほうれん草グラタン

投稿日:2017年5月23日 更新日:

 

ほうれん草にはβカロテンビタミンなど
たくさんの栄養素が含まれています。
その中でも鉄分含有量が高く、貧血による
血行不良の改善にも有効です。
視神経への血行が悪いために視神経が痛んでしまい、
緑内障になってしまう場合もあります。
鉄分を積極的に摂取することで、血行不良を改善できます。

今回ご紹介するのは、メインディッシュにあるほうれん草を使った
ちょっと変わった和風グラタンです。

 

ほうれん草と豆腐を使ったネギ味噌グラタン

材料(4人分)

・ほうれん草2束

・絹ごし豆腐 半丁

・玉ねぎ 大1/2個

・キノコ類(しめじ、シイタケなどなんでもOK) 適量

・とろけるチーズ 適量

[ネギ味噌の材料]

・酒 大2

・味噌 大2

・マヨネーズ 大3

・ニンニク 半片

・ネギ(小口切にしたもの)大2

・柚子胡椒 小1/3

1.      ほうれん草はさっとゆでて冷水にとり、しっかりと水分を絞って
食べやすい大きさに切っておきます。
豆腐も水切りをして、塩・こしょうをふって小麦粉をまぶしておきましょう。
玉ねぎは薄切り、キノコも食べやすい大きさに切っておきます。(約15分)

2.      ネギ味噌の材料をすべて入れて混ぜ合わせておきます。(約5分)

3.      フライパンに油をひいて、豆腐に色が付くまで焼いておきます。
焼けたところでいったんフライパンから取り出し、
同じフライパンに玉ねぎ、ほうれん草、キノコを入れて炒めて、軽く塩コショウをします。(約10分)

4.      耐熱皿に豆腐と先ほどいためたほうれん草を入れて
ネギ味噌ソースを全体に上からかけて、とろけるチーズをのせます。
オーブンかオーブントースターで焼き目がつくまで焼けば完成です。(約20分)

(調理時間約50分)

和風のグラタンなのであっさりしていて食べやすいです。
ほうれん草、豆腐、チーズ、味噌と栄養価の高い食材をうまく組み合わせた
メインディッシュになりますので緑内障改善メニューとしておすすめです。

-食べ物

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.