緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

食べ物

しっかりおかずにもなるレシピ

投稿日:2017年5月20日 更新日:

ほうれん草にはビタミンA,K,C,Eなどのビタミン類だけでなく
マグネシウム、カルシウムなどのミネラル類も
豊富に含んでいる緑黄色野菜の代表格になります。
このほうれん草をたくさん食べることによって緑内障が
改善することをご存じですか?

ほうれん草に含まれるルテインが、緑内障にプラスの作用をすると言う考え方もあります。
ルテインの強力な抗酸化力が網膜や視神経の組織を活性化して
新陳代謝を促して眼圧を下げる効果があるのではないかと言われているのです。

ルテインは、体内に吸収された分のほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されます。
活性酸素の発生原因となる紫外線などを吸収して、網膜と
水晶体の老化を防いでくれるのです。
そんなルテインを豊富に含むほうれん草を
毎日の食事に取り入れることで上手に腰痛予防できるでしょう。
早速ほうれん草を使ったメニューをご紹介しましょう。

 

ほうれん草と卵のおかか炒め

材料(2人分)

・ほうれん草1束

・卵2個

・醤油 大1/2

・かつお節1パック

・オリーブオイル 適量

1.   ほうれん草はフライパンに入れて蒸し茹でにして
水気を絞り食べやすい大きさにカットしておきます。(約5分)

《たっぷりのお湯で下茹でするのではなく、少量の水で蒸し茹ですることで

ビタミンの流出を最小限に抑えることができます。》

2.   卵に塩を少々加えて、オリーブオイルを入れたフライパンに流し入れて
好みの硬さになるまで焼き、取り出しておきます。(約5分)

3.   フライパンにオリーブオイルを入れてほうれん草を炒めます。(約5分)

《ほうれん草を油で炒めることでビタミン、ミネラルなどの
栄養素の流出を抑えることができます。》

4.そこに鰹節、しょうゆを入れて混ぜながら、卵を戻し入れて
ざっくりと混ぜ合わせれば完成です。(約5分)

(調理時間約20分)

ほうれん草は栄養価が高く、甘みもあるので非常に食べやすい野菜の1つです。
卵との相性もよいのでおすすめのレシピですよ。

-食べ物

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.