緑内障予防には検査、目薬、トレーニング、サプリメント、食事。失明しないから!

食べ物

緑内障にいい食べ物を追求する

投稿日:2017年5月14日 更新日:

緑内障とは失明してしまうかもしれない恐い病気なのです。ただし、早期の発見をすることで失明からも回避することが出来ます。緑内障の原因はやっぱり眼圧が上がってしまうことです。そんな時に眼圧を下げることが出来ることが期待出来そうな食べ物を積極的に食べるようにしたいものです。

緑内障に良くない食べ物

何かを食べたからといって緑内障になるといった明確な報告は今までないようです。ただし正確に言えば緑内障のリスクを高めてしまうかもしれないものは多く存在します。

辛いものは刺激も強いので緑内障にはそれ程良くないと考えるべきです。ただし急激に控えるということではなくて、料理にスパイスとして使用する程度ならほとんど問題はありません。兎に角辛いもの大好きという人たちはちょっと意識はしたいものです。

大量のアルコールや水分の摂取もむくみの原因になり眼圧を高くすることにつながる場合があります。更に夏に冷たいものばかり食べていると血流の障害を起こす原因になり緑内障のリスクを高める可能性があります。 冷え性や貧血の人たちもちょっと注意をして体を冷やさないように温かい物を食べるなどの工夫をしたいものです。

カフェインも眼圧を高くする可能性がありますのでコーヒー大好きという人たちもちょっと注意が必要です。ノンカフェインのコーヒーなどにも注目をしてみましょう。更にやっぱり喫煙は出来るだけ控えるようにしたいものです。タバコだって追求すれば視神経の血液の循環を悪くする要因とはなってしまうようです。

緑内障によい食べ物と向きあう

緑内障にいい食べ物を摂取して突然改善するということではありません。緑内障とは難しい病気ではありますが、それでも日常生活において食べ物をしっかり見つめて一歩一歩進むモチベーションが大事です。時間は多少かかるかもしれませんが緑内障にいいと言われている食べ物はこんなにもいろいろあります。

ビタミンが効果的

緑内障にはまずビタミンが効果的と言われています。特にビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなど積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンB6は肉や卵、魚などいろいろな食べ物に含まれています。キウイやミカン、かぼちゃなどに含まれているのがビタミンCです。

緑黄色野菜や、いくら、すじこなどにはビタミンEが含まれています。更に視力が低下することで緑内障のリスクが高くなるとも言われていますので、視力低下のリスクを防止するのにはビタミンB12が効果的です。それはレバー、しじみなどに含まれている成分です。

なかなか日常生活でいつも食べるのは難しいという食べ物もありますが、出来ないという人たちも季節の野菜などいつもたくさん食べる気持ちを持つようにしましょう。それだけでも緑内障に効果的なビタミンを摂取することが出来るはずです。そして男性の人たちなどは一人暮らしをしていて思うような野菜も充分に摂取出来ないケースがあるでしょう。その時はサプリメントを意識して利用するようにしましょう。

α(アルファ)リノレン酸系の脂肪酸

α(アルファ)リノレン酸系の脂肪酸は魚や海草に含まれている栄養分です。緑内障のためには同じ植物性のリノール酸系ではなく、α-リノレン酸系の油を摂取するようにしてください。このα-リノレン酸系の脂肪酸は身体の中でDHA・EPAに変わります。魚の脂に含まれるこのDHAやEPAにはコレステロールを低下させる作用が期待出来ます。血液をサラサラにすることにも効果があり、緑内障に限らず身体全体の健康にも良い栄養素なのです。

アスタキサンチン

サケやイクラ、エビなどにはアスタキサンチンという成分が含まれています。 アスタキサンチンとは強力な抗酸化力を持つ赤色をした天然の色素です。アスタキサンチンにはビタミンEの1000倍程度の抗酸化力があるとも言われています。強力な抗酸化力でもって紫外線を浴びてしまう目の一重項酸素の消去に働いてくれることが出来、紫外線のダメージが原因なる目のトラブルにもいい効果を発揮します。 黄斑変性症や白内障、網膜症にも効果的な方法です。

ルテイン

緑黄色野菜や卵黄にはルテインが含まれています。それは「天然のサングラス」とも言われることがあり強力な抗酸化作用で活性酸素を除去してくれます。

水晶体や体のアンチエイジングに役立つ栄養素としては更にゼアキサンチン、αリポ酸、コエンザイムQ10などの成分にも注目してみましょう。

アントシアニン

ブルーベリー等に含まれるアントシアニンも昔かに緑内障に効果的と言われています。アントシアニンは、ブルーベリーだけでなくブルーベリー、カシス、紫いも、黒豆、しそにも含まれています。

アントシアニンとはポリフェノールの一種で、青紫色の天然色素のことです。アントシアニンは抗酸化力がとても強くて、細胞が酸化してしまい老化が進行してしまうのを抑えてくれる働きを期待出来ます。目の毛細血管の細胞に働きかけてくれて目のアンチエイジングをしてくれます。毛細血管が健康な状態に保たれることで血流が確保されれば、目の機能全体を活性化することが出来るので、目全般的に効果的な成分として考えてください。緑内障の原因のひとつとして視神経が酸化ストレスによって傷ついてしまったということも考えることが出来、 そこでアントシアニンの持つ抗酸化力が酸化ストレスとバッチリ戦ってくれます。

-食べ物

Copyright© 緑内障になったらやるべきこと! , 2019 AllRights Reserved.